【A3!】春組編 ストーリーが面白い!A3!春組のストーリーってこんなだよ!

2017年1月にリリースされ、あっという間に300万ダウンロードを越えた人気乙女ゲー、「A3!」

Google Playのユーザーレビューの評価も高く、その中でも気になるのが

「ストーリーが面白い」
「面白くて、何気なく始めたけど、どんどん読んでしまった」

という評価が多いという点。

スチルの綺麗さやちびキャラのかわいらしさ、ゲームがそれほど難しくなくて多くの人が簡単にプレイできる点など、評価される要素はたくさんある「A3!」ですが、面白いと評判のストーリーは、いったいどんなストーリーなの?

A3!をダウンロードしプレイをし始めて約1週間。
「第一幕」を読み終えた私が
A3!の面白さを語ります。




劇団員1名の弱小劇団が、リニューアル公演の千秋楽を迎えるまで

A3!のメインストーリーは、トップ画面の下にある「ストーリー」から読むことができます。

「ストーリー」をタップするとこのような画面が現れます。

A3!はMANKAIカンパ―にという劇団の中に「春組」「夏組」「秋組」「冬組」の4組のチームを作り、そのチームがそれぞれ時期をずらして公演を打っていく、というストーリー。

MANKAIカンパニーは以前は劇団員も多く、一年中何かしらの公演を行っているという人気の劇団でしたが、今やすっかりすたれてしまいました。

プレイヤーは劇団員がたった一人になってしまったMANKAIカンパニーの主催をプロデュースをすることになった、もと役者希望の女子、という設定です。

MANKAIカンパニーは借金まみれで、借金のかたに劇場を取り壊される寸前。

なんとか貸主であるヤクザ(っぽい男)左京と話をつけ、全盛期のように劇団内に4組のチームを作り、客席を満員にすれば、劇場を取り壊さない、という約束を取り付けます。

ヒロイン(劇団の総監督)はなんとか5人の劇団員を集め、まずは春組の芝居を打つことになるのですが、集まったのは初心者ばかり!

これで本当に公演を成功させることができるの?

というのが、第1幕の物語です。




本気でお芝居をやりたい劇団員は1名だけ?しかもド下手くそ

春組のメンバーは、この5人。

 

左から
碓氷真澄 CV 白井悠介
シトロン CV 五十嵐雅
佐久間咲也 CV 酒井広大
茅ヶ崎至 CV 浅沼晋太郎
皆木綴 CV 西山宏太朗

シトロンは街中で出会った謎の外国人留学生。めっちゃイケメンですが、なにしろ日本語がかなり怪しい。けれどフレンドリーでいつも笑顔という人物です。

ヒロインはシトロンがどうやら演劇に興味があるらしい様子と、ルックスが素晴らしいこと、珍しいキャラクターだということから彼に「劇団に入らない?」と声をかけますが、彼が役者になりたいのかというとそうではありません。

真澄はとってもクールな高校生。演劇には興味はなく、なぜかヒロインに惚れてしまったことから劇団に入ることに。ヒロイン以外には興味を示さず、とっつきにくいキャラなのですが、器用な性格なのか無難に芝居をします。春組の中では、いちばんまともな役者。

けれど家族と縁が薄い様子。そして人付き合いの下手くそさから、寮で同室となる綴とぶつかります。

咲也はたった一人のMANKAIカンパニーの劇団員だった人物で、まだ高校生。真澄と同じ学校に通っています。やる気はあるのですが、とにかく下手くそです。

そして家庭面でなにやら問題がある様子……。けれど明るく前向きな性格で、一生懸命。良きムードメーカー。春組の公演の主演と座長に抜擢されます。

至は春組の中では一番年上の「お兄さん」。見た目も爽やかなイケメンで会社員です。物腰柔らかな彼が劇団に入った理由は「公演に参加すれば、無料で寮に住むことができ、食事が付いているから」という理由。義務として参加する稽古時間以外は部屋に籠る彼は、実は廃人ゲーマー!

そして綴は本当は脚本家志望です。しかし人数不足から役者も兼任することに。春組の公演の脚本は、過去のMANKAIカンパニー春組の演目を参考にして綴が執筆することになります。

良くも悪くも「そのへんに居そうな大学生」。同室となった真澄とぶつかりあうことが多く、シトロンのおかしな日本語によくツッコんでいます。

 

こんなちぐはぐなメンバーが入った春組。

本気で「芝居をしたい、役者をやりたい」と考えているのはド下手くそな咲也だけです。こんなメンバーをまとめて芝居を作っていけるの……?

不安だらけの中、稽古がスタート!




メンバー同士の不仲に、お遊戯会のような出来。どうやって乗り越える?

 

たった5人のメンバーですが、ヒロイン以外と仲良くしようとしない真澄は他のメンバーに対してもけっこう辛辣。

特に寮で同室でもある綴とぶつかりあいます。

そしてゲーマーの至は基本的に部屋にこもりゲームに夢中。

咲也とシトロンは人柄は良いのですが、人前で芝居を打てるような役者ではありません。

そんなメンバーを前に頭を抱えるヒロイン。

そんな中、全盛期のMANKAIカンパニーの役者だった先輩俳優が稽古を見に来ます。

お遊戯会状態の出来に対し、ボロクソにダメ出しをする先輩俳優。

けれどそれを期に、メンバーはそれぞれが芝居に対して向き合い、ヒロインもメンバーがそれぞれ苦手を克服して成長するためにはどうしたらよいかと知恵を絞るのです。

お互いに歩み寄ろうとするメンバーたちは、しだいに心の距離も縮めていって……

プライベートな悩みを相談しあったりとか。

男の子同士の寮生活ならではの風景をのぞくこともできちゃいます♪

もうね、単純に「いいなあ、楽しそうだな!」と感じられるストーリー展開。

皆が力を合わせて一つの目標に向かって努力をして走っていく姿って、多くの人が好きですよね~。

A3!ではそんな王道ストーリーを読めちゃうわけです。しかも無料で(笑)

ここがアプリゲームの素晴らしいところ♡




衣装係にデザイナー、協力者が増えていく!

お芝居を打つには、役者だけでなくスタッフ(裏方)も必要です。

MANKAIカンパニーでは、支配人が

街中で洋服を作るのが好きな女装男子(男の娘ではなくて、可愛い服が好きなだけの男の子)を衣装係としてスカウトしてきました!

なんと彼、瑠璃川幸はまだ中学3年生。コスプレ好きで腕は確かですが、超毒舌家です。

そして古臭くてダサいMANKAIカンパニーのホームページをなんとかしようとメンバー同士で話し合っていると、綴が「高校時代の先輩にそういうのが得意な人がいる」と語ります。

綴が声をかけてやってきた彼は……

超アッパーでフランク、誰にでもフレンドリーな一成。

デザイン系が得意で、ホームページやチラシをササッと(しかもかっこいいのを)作ってくれた上、顔が広いらしくテレビ局にも話をつけて、MANKAIカンパニーを取材させ、テレビで放送する段取りまでつけてくれました!

ただアゲアゲな口調と性格は、どうやら多くの人が「ウザい……」と思う様子でしたが、ヒロインは彼の底なしに明るくて元気なところが気に入ります。

ほかに舞台美術(いわゆる大道具)担当として徹郎さんという無口な人物を支配人が連れてきて、スタッフ面も充実!

あとはチケットを売り切り、客席を埋めて、公演を成功させる……という目標に向かい、メンバーは一丸となって力を合わせていくのです。

私も正直、「面白いって言ってもそこまででは……」

なんて思っていたのですが、プロローグはまだしも第一幕の中盤くらいから夢中になり、あっというまに読み終えてしまいました。

実はこれ、第一幕の「春組」のストーリーよりも第二幕となる「夏組」のストーリーのほうが面白かったりします。

けど、まずは春組を読まないとね。



ストーリーを読むには、稽古をしてレベルを上げ、ストーリーを開放させていく

ストーリーは最初から全部読めるわけではなく、「稽古」をすることで経験値を積み、ランクアップさせていくと新しいストーリーが解放されます。

 

画面下にある「お芝居」を選ぶとこんな画面になり、そのチームを構成する団員ごとに稽古ミッションがあります。

が、これ自体はとても簡単で、ほぼ画面をタップして流れる画像をそのままにしておけば稽古が完了するという代物。

稽古の回数を重ねると経験値がたまりランクが上がります。

ランクがあがると……

新しいストーリーが解放されるのです!

こうして、どんどん先のストーリーが読めるようになるので他の多くの乙女ゲーと比べると、とっても楽に進めることができる、ストーリーの面白さを楽しむノベルゲームだです。

とはいっても、演劇系のストーリーだから「ガラスの仮面」みたいなのが楽しめるのかな?と、そこを期待してはいけません。

あそこまで専門的ではなくて、あくまでも

「イケメンや可愛い男子たちが一つの目標に向かって一緒に突っ走っていく姿を楽しむ」青春系乙女ゲーです!

でもイケメンたちがワイワイしながら、悩んだり笑ったりしている姿を見ると、それだけで和めるんですけどね♪

無課金でダイヤを大量ゲットする方法




SPONSORED LINK